消えたサイトを見る方法「Wayback Machine」で消えたブログの記事を復元した話

ブログのこと

ドメインの更新を忘れていて消えてしまった前のブログ。たいしたことは書いてないので「別にいいか」と思っていましたが、ふと旅行の記事とか思い出を綴った記事が読み返したくなり復元を試みてみました。

消えたサイト(ブログ)のアーカイブを検索

今回使ったのは「Wayback Machine」というWEBサービスです。これはインターネットアーカイブと呼ばれるもので、世界中のWEBページを定期的にクロール(巡回)してアーカイブ(保存)しています。

運営元はアメリカの非営利団体で、2001年からサービスが続いています。

使い方は簡単で、トップページの検索窓に見たいサイトやブログのURLを打ち込んで検索するだけ。

アーカイブが残っていれば、このようにカレンダーが表示されます。見たい日付をクリックすると当時のWEBページが表示されます。

消えたブログから記事をお引越し

とりあえず前のブログから3記事をお引越ししました。

アーカイブされたページから文章をコピーして加筆修正、画像を保存しなおしてアップロードしました。ただの旅行の記録ですが、久々に読むと面白いです。(※本人は)

最初は「無くなってもいいや」と思っていたページですが、また見れたときは結構感動しました。

見つからないサイト(ブログ)もあります

アーカイブされていないサイトやブログは見ることができません。インターネットアーカイブサービスはいくつか存在しますが、最もクロール頻度が高く幅広いデータを保存しているのが上記の「Wayback Machine」です。

私の前ブログはアーカイブ済みでしたが、現在のブログ「okite asobe」はまだアーカイブされていませんでした。インターネットアーカイブもすべてのデータが残っているわけではないので、消えて欲しくないページは自分でバックアップを取っておくのが安心です。

消えてしまった自分のサイト、好きでよく見ていたサイト、運営者が閉鎖してしまったサイトなど、また見たいページがある方はURLを入力して検索して見てください。

URLがわからない場合はサイト名で検索すると判明することがあります。ちなみにURL右の▼ボタンを押して「キャッシュ」を選択すると前回アクセスした状態のページが見れますが、このキャッシュはしばらくすると消えてしまいます。

その他、別のサイトに貼られているリンクからもURLがわかる場合があります。

ブログのこと雑記
スポンサーリンク
okite asobe