『書くことが思いつかない人のための文章教室』 感想【オーディオブック】

audiobook.jpの聴き放題プランで聴いた本の感想を書いています。今回は『書くことが思いつかない人のための文章教室』 著・近藤勝重 の感想です。

『書くことが思いつかない人のための文章教室』 は編集者・コラムニストの近藤勝重氏が質疑応答形式で文章作成のコツを教えてくれる本です。「良い文章を書くには?」「良い文章とはそもそもどのようなもの?」などの悩みに例や問題を交えながらスパッと答えてくれます。

内容を一部だけ紹介すると

皆が同じ「辛い(つらい)」という形容詞を使って文章を書いても思いは伝わらない。自分の体験を細かく描写して、読んでいる人に追体験してもらうことで胸中を察してもらう。

というような話があります。

私はつい「ラーメンを食べました。おいしかったです。」というような伝わらない文章を書きがちなので、この“自分の体験を細かく描写することで読み手に追体験させる”という方法は非常に効果的だなと感じました。

ではその「描写力はどうつけるのか」「描写と説明の関係は?」という風に話は進んでいきます。

文章を書く上でありがちな困りごとや疑問に順を追って答えてくれるのでとても頭に入りやすかったです。作文が苦手な学生やにもお勧めしたい本です。

大切なポイントをメモをしたり、章の間に出される課題に挑戦してみたりと、まるで大学の講義を受けているかのように聴きました。学校の勉強はあまり好きではなかった覚えがありますが、興味のある内容を勉強するのは楽しいですね。

日本最大級!オーディオブックなら – audiobook.jp

※ こちらの本は2019年5月12日時点の聴き放題対象作品です。

オーディオブック
スポンサーリンク
okite asobe