【評価・感想】キャラクター育成×本格タワーディフェンス「アークナイツ」が今一番面白い!

ゲーム

2020年1月16日に日本版がリリースされた無料ゲームアプリ「アークナイツ」をご紹介します。

アークナイツとは

「アークナイツ」は、キャラクター育成要素のあるタワーディフェンスゲームです。中国のHypergryph社が開発したゲームで、運営は「アズールレーン」と同じYostar社です。中国版「明日方舟」は2019年4月から運営中。

タワーディフェンスとは:ステージ上に味方ユニットを配置して、自分の陣地に侵入してくる敵を倒すゲーム。防衛系ゲームとも呼ばれる。

タワーディフェンスが初めての人も、チュートリアルやトレーニングステージで感覚を掴むことができます。ストーリーを進めていくと難易度が高いステージも出現するので、タワーディフェンスに慣れている人にとっても試行錯誤を楽しめるゲームです。

基本的な遊び方

赤い四角が敵の出現場所、青い四角が防衛ラインです。味方ユニットを配置して、敵が青い四角に入りきる前に倒しましょう。

キャラクターにはそれぞれ特性があります。「重装」タイプで敵をブロックしつつ、「術師」タイプで高火力攻撃、「狙撃」タイプで遠距離からチクチク攻撃する等、それぞれの特性を生かしてうまく敵を撃破しましょう。

一見クリア不可能に見えるステージでも、キャラクターの配置を変えるだけでクリアできることがあります。これぞタワーディフェンスの面白さ。

アークナイツの魅力

個性的な能力を持つキャラクター

キャラクターの基本タイプは先鋒、狙撃、前衛、術師、重装、医療、特殊、補助の全8種類。しかし、それぞれのキャラクターが個性的なスキルを持っています。

例えばレア度★5の医療キャラクター「サイレンス」は、育成するとスキル「医療ドローン」を取得。医療ドローンを使って自分の回復範囲外にいるキャラクターを回復することが出来ます。

最高レアである★6のキャラクターは性能が高く強力ですが、★5以下のキャラクターもそれぞれ特徴的で、自分の持っているキャラクターを上手く使って攻略する面白さがあります。

キャラクターは課金石を使ったガチャ(スカウト)や、ゲーム内アイテムで得ることが出来ます。ガチャの確率は最高レア2%と低いですが、課金ガチャ以外にも最高レアをゲットする機会があるので、気長にやれば増えていく仕様です。

攻略が楽しいタワーディフェンス

ステージの形や登場する敵も様々です。ステージの形や敵の種類に合わせて味方ユニットを上手く配置しましょう。

「特殊」キャラクターを使用して敵を押してステージ上の穴に落とすと楽に倒せる、という面白いステージも存在します。

難しいステージは1日30枚貰える「演習チケット」を活用すると試しにプレイすることができます。(報酬は得られませんが、スタミナの消費がありません。)

ステージ攻略に詰まったらキャラクター育成をして、演習チケットで配置を練る・・・というのを繰り返して遊びます。

可愛い見た目とお洒落なスキン

イラストの可愛さも魅力の一つです。素材を集めて昇進2まで育成するとイラストが変化します。(※ アーミヤのみ例外で昇進1からイラスト変化あり)

ステージ上ではSD(ミニキャラ)グラフィックで表示されます。あまり派手さはありませんが、動作が軽いので個人的には好みです。(スキル発動時にON/OFFできるカットインとかは欲しいかも・・・)

そのままのキャラクターも可愛いですが、イベントや課金石で購入可能なスキンもお洒落です。中国ではKFC(ケンタッキーフライドチキン)など、実際の企業とコラボしたスキンも出ているようです。

昇進やスキン着用でイラストが変化すると、SDのグラフィックも変化します。

アークナイツの気になる点

消費スタミナ(理性)が多い

育成用ステージでは特に消費スタミナ(理性)が多く設定されているため、育成素材集めの周回をすると理性がすぐに尽きてしまいます。さらに6分に1回復と回復速度も遅く、ずっと遊び続けるということはできません。

課金石を使うことでスタミナ回復は可能(※上限あり)ですが、無課金・微課金の方にとってはややサブのゲーム向きです。

とはいえ、現状低レア編成でも配置次第でクリアできる難易度のため、あまり育成を急いでもやることがなくなってしまうかも・・・

理性が切れたら「演習チケット」を使ってまだクリアしていないステージを試してみたり、休憩して別のゲームで遊ぶのが良いかと思います。

スキップ機能がない

オート機能はありますが、スキップ機能が無いため周回にやや時間がかかります。スキップ機能に慣れている方がプレイすると気になるかもしれません。周回は「ながらプレイ」がおすすめです。

小さい画面だと若干タップしづらい

画面が小さいスマホでプレイする場合、ユニット配置の際にタップミスをしがちです。ユニット配置やスキル発動のタイミングがシビアな場面で気になります。

まとめ

  • 育成要素のあるタワーディフェンス
  • 可愛いキャラの個性的な能力が魅力
  • スキップ機能なしで周回に時間がかかる
  • 消費スタミナが多い点が難点か

最初は「難しい」「ごちゃごちゃしている」と感じるかもしれませんが、遊び方を把握するとかなり面白いゲームで、リリース日から毎日プレイしています。最近イチ押しのゲームアプリです。

アークナイツ

アークナイツ

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

ゲームレビュー
スポンサーリンク
okite asobe