【体験版】スクエニのRPG「オクトパストラベラー」で遊んでみました。かなり面白そう。

ゲーム

2018年7月発売予定の「オクトパストラベラー」体験版が出ていたので遊んでみました。気になるけどプレイは面倒だ、という方向けの記事です。

体験版とは思えない程のボリュームがあって面白かったので、時間のある方は是非読む前にプレイしてみてください。

8人の主人公から一人を選択

体験版で選べるのは剣士「オルベリク」と踊り子「プリムロゼ」の2人。私はもちろんプリムロゼちゃん!わくわくで始めたけどストーリーがいきなり重い!

声優は桑島法子さん。絶対桑島法子音感を持っている友達がボイスを聞いた瞬時に「僕の法子ちゃん」と言ってて恐怖を感じました。

踊り子プリムロゼ用ストーリーが始まります。これ8人分あるの?やばいな!(歓喜)

フィールドコマンド

オクトパストラベラーの特徴として主人公それぞれが持つ「フィールドコマンド」というものがありまして、剣士なら「試合」コマンドでNPCに戦いを挑む、踊り子なら「誘惑」コマンドで村人を連れ歩く、なんてことが出来ます。

とりあえず村にいたおじいさんを誘惑して連れ出しました。

戦闘中「加勢」を選ぶと連れてきた村人が戦闘に参加。おじいさん強すぎワロタ。

ボス戦攻略

ボス戦に突入するも強すぎて3回GAMEOVERに。まさか「オクトパストラベラー 体験版 攻略」で検索する羽目になるとは思わなかった。

ボス攻略を読んで再挑戦。あっけなく負ける。

レベル5くらいまで育てたらいいって書いてたのに!!もうレベル7なんですけど!!

戦闘システム

「敵強すぎない?」と思いながらプレイしていましたが、戦闘システムを理解してからは楽しく遊べました。いつも説明書は読まない&チュートリアル全飛ばしの私ですが、たまには読んだほうが良いですね。

攻略のコツ① 弱点を狙おう

敵はそれぞれ「剣」「短剣」「属性攻撃」などに弱点を持っていて、弱点属性の攻撃を一定数与えてシールドを破壊するとブレイク状態になりスタンします。積極的に弱点を狙ってシールドを削り、強い技の予兆が出たらブレイクさせるのが重要です。

攻略のコツ② ブーストを使おう

戦闘中溜まっていく「ブースト」を使用すると”連続攻撃”、”スキルの威力を上昇させる”、”防御の効果を高める”などの効果を付けることが出来ます。これによって一気にブレイク状態まで追い込んだり強力な攻撃をガードすることが可能です。

※私はボス討伐後まで気づきませんでした。

ブーストをかけたスキルはかなり強力。ブレイクした敵に打ち込もう。

プリムロゼ編ボスが倒せないとき
・レベルを5~7くらいまで上げる
・街で装備を買う(つけ忘れに注意)
・HP回復アイテムを買う
・雑魚は「闇夜の詩」連発で処理
・ボスは「たたかう」でブレイク直前まで削ったら後は回復やスキルを打って待つ。「わなわなふるえている」がでたらブレイクさせてブーストをかけたスキルを打ち込む。繰り返し。

 

ボス討伐後

はい、体験版終了・・かと思いきやなにやらフィールドが探索できるようです。

別の主人公「オルベリク」も道中で仲間になりました。探索できるフィールドが結構広くて楽しかったです。道中のNPCに片っ端から試合を挑んでいたら2時間がたっていました。

フィールド探索

宝箱が隠されていたりサブクエストが発生したりとなかなか楽しめます。踊り子でも剣士でもクリアできるようなサブクエストがあるのが良い!それぞれのフィールドコマンドを上手く使ってクリアする謎解きのような要素があり、しかもクリアの方法によってセリフが変わるのが面白いな~と思いました。ただフィールドを隅々まで見ていくのは時間がかかるのでプレイヤーによってはちょっとストレスを感じるかもしれません。ランダムエンカウントだから戦闘も発生するし・・・ここは好みが分かれそうですね。

総評

システムはかなり面白いと思います。音楽も良いし、あとは本編のストーリーが楽しみですね。踊り子ちゃんは結構暗い話でしたが他の主人公はどうでしょうか。フィールドコマンドを試している時は「黄金の太陽」のような楽しさを感じました。ブーストをかけたスキルで大ダメージを出すのは気持ちよかったです。体験版では出てきませんが、本来のジョブとは別にバトル用のジョブを設定できる「バトルジョブシステム」もあるようなので戦闘ももっと自由度が高まって面白くなりそう!「 戦闘の難易度が少々高め」「メニューの文字が小さい」「フィールド探索時のランダムエンカウント」は気になる人もいるかもしれません。時間をかけてやりこむタイプのゲームという印象でした。

発売日は7月13日。夏休みやお盆休みにがっつり遊べそうです。

ゲームレビュー
スポンサーリンク
okite asobe